美白には日焼けの原因になる紫外線は大敵

バナー

美白には日焼けの原因になる紫外線は大敵

世の中では、美白ブームは長年続いています。色白は七難隠すと言いますが、肌がきれいな方が清潔感があり、周りの人に好印象をもたらします。
ドラッグストアやデパートで販売されている美白化粧品は、肌にできてしまったシミやそばかすを予防したり、薄くしたり、隠したりする効果があります。


シミやそばかすは、日焼けが原因で発生します。


太陽光には紫外線が含まれており、肌が紫外線を浴びたとき、肌内部でメラニン色素を発生させるように作用します。



メラニン色素は紫外線を吸収し炎症を防止する作用があるのですが、これがシミやそばかすの原因となります。


美白化粧品は、メラニン色素の発生を抑えたり、肌の活性化を促進してメラニン色素の含まれた表皮を剥がす効果があります。



なるべく紫外線を直接肌が受けないために、日焼け止めを使って予防することは肝心です。
最も紫外線が降り注ぐ夏には、多くの女性が日傘をさしたり、サングラスをかけ、アームカバー、サンバイザーをつけて外出しています。


日焼け止めの売り上げもアップします。

紫外線は太陽光に含まれているものなので、夏だけでなく冬にも届くので、年間を通して予防は必要です。10時から2時の時間帯は太陽光が多く降り注ぐので、この時間帯に外出するときは日焼け対策をするのが万全です。

曇りの日、雨の日でも雲を通して紫外線は届くので油断は禁物です。美白を維持するためには、日焼け対策をしっかりと行い、紫外線から身を守るのが大切です。



Copyright (C) 2015 美白には日焼けの原因になる紫外線は大敵 All Rights Reserved.